閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

急激な温度上昇を予防できるのが壁面緑化の利点

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせた状態を指し、本来は外観にアクセントを持たせるのを目的とした装飾でした。しかし近年になって、建物を植物で覆うことによって日光を遮り、室温の急激な上昇を予防できる効果が注目されています。室温は日光が当たると大きく上昇しますが、壁面緑化が施された面は日光が遮られるので極端に上昇することはありません。また、植物の葉が茂ることで窓の部分に影ができることから、日差しが室内に入り込むのを防ぐことができます。植物は温室効果がある二酸化炭素を吸収するので、近隣の気温も安定するのが壁面緑化の大きな特徴です。ヒートアイランド現象を防ぐ方法として都市部ではビルの壁面に植物を這わせるケースが増加しています。

維持コストは低いものの管理に手間がかかる点は注意

壁面緑化による室温の安定化は冷房機器の過剰な使用を防ぐ効果もあります。電気代を節約できる他、排熱による近隣の環境悪化を予防できるのが大きな利点です。壁面緑化に使用する植物は成長が早く、葉を多く茂らせる品種が多用されます。維持コストは適量の水と肥料を与えるだけなので安く済ませることができる反面、病気や害虫には注意しなければいけません。植物が傷むと枯れてしまい、壁面緑化の効果が無くなってしまいます。葉や蔓が多すぎると植物が栄養不足の状態になり、病気や害虫の被害に遭いやすくなるので定期的に剪定を実施しなければいけません。また、建物の配管や配線などの設備に植物が絡みついて破損させるおそれもあるので、伸ばす方向を調節したり設備にカバーを被せるなどの工夫も必要になります。

壁面緑化するには、壁にツタ科の植物を這わせるのが最も簡単ですが、繁殖力が強いので、放っておくと窓や屋上まで植物で覆われてしまう事があります。その為、定期的な手入れが必要です。

閉じる

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031