閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

機械式時計の毎日のメンテナンス

電池で動くクォーツ式時計と違い、ゼンマイで動く機械式時計は普段からメンテナンスに気を使わなくてはなりません。毎日のお手入れとしては、まず、決まった時間に「りゅうず」を巻き上げること。機種によって異なりますが、機械式時計のぜんまいを巻き上げるには「りゅうず」を40~50回程度回す必要があります。少々面倒ですが、毎日巻き上げることで時間の誤差や故障などがすぐにわかります。また磁気や衝撃にも気を付けなければなりません。特に機械式時計は精巧なつくりをしているため、ちょっとの衝撃でも機械の歯車などが破損することがあります。機械式時計を使う際は、家に帰ってからも机やテーブルの上に置かず、腕時計専用の収納ボックスを利用するようにしましょう。

機械式時計には定期的な分解掃除も大事

機械式時計は精巧なので、埃や汚れにも気を付けなければなりません。使用している時計の素材によってお手入れ方法が変わってくるので、この点は購入した時計店で教えてもらうといいでしょう。また、機械式時計は3~5年に一度、オーバーホール(分解掃除)を受けることをおすすめします。機械式時計の場合、どんなに大切に扱っていてもぜんまいに錆ができたり、潤滑油が蒸発したりすることがあります。分解掃除の料金はメーカーによっても違いますが、だいたい1万円~5万円、複雑なものになると10万円以上します。機械式時計を購入する際は、こういった費用もかかることを頭に置いておくとよいでしょう。だからといって所有者自身が時計の蓋を開けて洗浄したり潤滑油をさしたりすると、部品が破損したり、最悪動かなくなってしまうこともあるので絶対に行わないようにしてください。

オーデマピゲは世界三大時計メーカーの一つです。高級時計として名高く、世界中の多くの人に愛用されています。

閉じる

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30