閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

丸顔なら角のあるフレームがおすすめ

丸顔の人は、角のあるフレームをかけることで印象にメリハリが出てきます。丸みのあるフレームは輪郭を強調してしまうのであまりおすすめできません。どうしても丸い形のメガネにしたいときは、線の細いものや直線的なデザインのものを選べば違和感も少なくなります。フレームの天地幅が狭いものほどスタイリッシュになるのも特徴です。

面長なら少し大きめのフレームがおすすめ

面長の人は顔の縦幅が長いため、少し大きめのフレームをかけると顔のバランスもよく見えます。小さめのフレームだと顔の印象がシャープになりすぎるので注意が必要です。フレームの天地幅が広いものは大体似合うので、色々なデザインにチャレンジしてみて下さい。フレーム下のラインから顎までを出来るだけ短くすると、横顔の長さもしっかりカバーできます。

四角い顔なら丸みのあるフレームがおすすめ

四角い顔の人は、丸みを帯びたフレームをかけることで顔立ちがスッキリとします。四角いスクエアタイプは輪郭を強調してしまうので選ばないほうが良いでしょう。どうしても四角い形のメガネにしたいときは、少し丸みのあるものやラインの細いデザインを選ぶと似合いやすいです。

逆三角形の顔なら楕円形のフレームがおすすめ

逆三角形の顔の人には楕円形のフレームが似合います。ラウンドタイプより縦幅がコンパクトで顔に馴染みやすいのもポイントです。フォックスタイプは形が鋭く、逆三角形の顔に合わせると少し怖い印象になってしまいます。どうしてもフォックスタイプのメガネにしたいときは、釣り上がりの少ないデザインを選べば優しい印象になるはずです。

メガネを机の上などに置く時は、フレームが開いたままの状態でレンズ上部を下にして置くことでレンズが傷付きにくくなります。

閉じる

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031