閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

定番になりつつある良さ

内祝いは何を用意すると良いのか迷いますが、最近はカタログギフトも定番の一つと言ってもいいぐらいに定着しつつあります。定番になるほどの良さの一つは、送った相手自身にゆっくりとカタログの内容を見てもらい、好きなものを選んでもらえることでしょう。カタログ内容によっていろんな商品が多彩に取り扱われていますし、自分で選べる楽しさも味わってもらうことができます。価格もいろいろ揃っていますので、気軽なシーンのときでも使えますし、少し上の価格帯から選んで贈ることもできて使い勝手が良いことも多くの人から利用される理由です。

相手に合わせて選ぼう

いざカタログギフトにしようと決めて探し出すと、ずらりと多くの会社のカタログが出てきます。予算は決められても、その多彩なカタログラインナップからどれを選ぶべきなのかは慎重に決めることをおすすめします。贈る相手に合わせる方が好印象を持ってもらえますので、大まかでもいいので相手の嗜好をリサーチしておくと、より相手の希望に合わせたものを選んでもらえます。食べることが好きだと分かっているならグルメに特化したカタログを選べばいいですし、雑貨類が好きなら雑貨と合わせていくのです。特に際立って好みがないという方もいますので、その場合は特化させるよりバランスよく商品を用意しているカタログを選びましょう。物より金券類の方が良い場合には、価格帯によっては金券を取り扱うカタログもありますのでそちらを準備して下さい。贈り分けることで、カタログに興味を持ってみてもらい、選んでもらうことができます。

内祝い」とは元々「内輪のお祝い」からきた言葉です。身内の慶事を周囲の人と分かち合うためのもので、お祝いをもらっていない人にも贈ることがあります。もらった人にだけ渡す「お返し」とは違うものなのです。

閉じる

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031