閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

電子タバコにはどのような特徴がある?

多くの場所で喫煙エリアと禁煙エリアが分けられています。このように分煙化が進む中で、タバコを吸わない人の多くがタバコから出る煙に不快感を覚えると言われていますが、嫌な臭いのする煙の出ないタバコが世の中に出回りました。それが、電子タバコです。煙自体は出てしまうのですが、全く臭いのない煙なので周囲の人は不快感を感じないとも言われているのです。タールなどの有害物質を含まないため、加熱式タバコに比べると毒性は低くなっておりアップルや柑橘系などのフルーツやミントなど様々なフレーバーを楽しむことができます。

また、加熱式タバコは年々値上げされていますが電子タバコは基本的にリキッドと呼ばれる、煙のもととなる部分を購入すれば済むため節約にもつながります。このような特徴から、電子タバコを利用する人が増加しているのです。

電子タバコで見られるリキッドの種類は?

電子タバコではリキッドが大切になります。なぜなら、このリキッドを気化させることで煙を出しタバコの味を楽しむからです。上述の通り、リキッドにはフルーツ系などの種類がありますが、その他にもチョコレートやキャラメル、チーズケーキなどがあります。これらをまとめて、スイーツ系リキッドと呼びます。また、お酒を原料としたカクテル系リキッドなど様々な種類が販売されています。このようにして見ると、電子タバコは女性の方が楽しめるのではないか、と思う人もいるかもしれませんが女性だけでなく男性でもフルーツ系やデザート系のフレーバーを愛用している人が多くいるのです。

ニコチンリキッドとは、電子タバコで使用するリキッドの中で、特にニコチンが加えられたリキッドのことを指します。

閉じる

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031