閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

水は使わず丁寧に拭き取ることが大事

機械式時計は使っているうちに風防やケースに汚れが付着します。この汚れを落とすためには、セーム革やメガネ拭きで丁寧に拭き取るのが良いでしょう。避けるべきなのは水で洗い流そうとすることです。水を使った手入れは錆びつく原因になります。

古いタイプの機械式時計を扱っている場合は、アクリルで作られていることが多いです。そのようなタイプの機械式時計は、歯磨き粉で磨くことで表面にできた傷を取り除くことができます。ガラスで作られている風防は反射防止のコーティングが施されている可能性が高いです。その場合は歯磨き粉で磨くのは避けておきましょう。歯磨き粉で磨いてしまうと反射防止のコーティングが剥がれてしまいます。

金属製と革製で手入れ方法が違う

機械式時計には金属製のベルトと革製のベルトがあります。金属製のベルトの場合はコマとコマの隙間に、皮脂や垢が溜まりやすいです。この汚れを落とすにはケースの本体とベルトを分ける作業が必要になります。ケースの本体とベルトが付いている状態では汚れを落としにくいだけでなく、ケース本体に良くない影響を及ぼす可能性があるからです。ケースの本体とベルトを分け終えたら、中性洗剤で優しく洗います。超音波洗浄機を所持しているのであれば、それでベルトを洗うのも効果的でしょう。

革製のベルトはカビの予防が必要です。予防のために湿度の低い場所で保管するのが有効な手段と言えます。ベルトの表面が乾燥している場合はクリームを塗っておくのも重要なポイントです。

ゼニスは、スイスの時計ブランドです。自動巻時計であるエル・プリメロや、そのエル・プリメロをベースにして製造されたエリートなど、信頼性の高い時計を世に送り出しています。

閉じる

Calendar

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031