閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

時計本体と風防を手入れする際に

時計本体と風防は着用に伴って手垢が付着しやすいです。時計を手首から取り外して収納する前に、化学繊維の布で手垢を拭き取りましょう。また、布に水を含ませてから拭く行為は厳禁です。時計本体や風防を水拭きした場合、ケース内に水滴が侵入し、ムーブメントが錆びる危険性があります。特に年代が古い製品はパーツが腐食している可能性が高いため、注意しましょう。汗をかいた時には乾拭きした後、風通しの良い場所で保管します。また、風防についた細かい傷は歯磨き粉で綺麗に取り除けます。但し、反射を防止する特殊なコーティングが施された製品は手入れに歯磨き粉を用いると劣化が進行しやすいです。製品の特性を確認してから手入れを行いましょう。

ベルトのメンテナンスも大切

機械式時計のベルトは、大別すると金属製と皮革製の2種類です。どちらも時計本体から取り外した後、メンテナンスを行うことが望ましいです。金属製は中性洗剤を用いて洗浄し、細部に入りこんだ垢と皮脂を除去します。この時、超音波洗浄機を活用すれば、ピカピカの美しい状態になるでしょう。一方、皮革製は革靴と同様のメンテナンス方法が有効です。乾燥とカビに注意しながら使用しましょう。定期的に表面にクリームを塗り、湿気が少ない場所で保管します。尚、機械式時計の愛好家は複数の金属製ベルトを所持し、着用する度に付け替えているケースが多いです。同じベルトを使用し続けることを控えれば傷みが生じにくく、長年にわたって愛用できます。

グランドセイコーは、日本の腕時計メーカーです。デザインを変えずに、その時代の最高技術を導入していることが、大きな特徴です。

閉じる

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031